オンズグループブログ

AED交換時期到来❣(リハトレ専科)

皆さん、こんにちは。
リハビリ・デイサービス施設「リハトレ専科西戸山公園」
のスタッフとして働いている東福です。

先日、AED(自動体外式除細動器)の中のパッド交換時期に
なりました。そのため、心肺蘇生練習やAED内にある
電極パッドの装着位置、AEDの注意点などAEDの使い方
を再確認しました。
心肺停止の方を発見し、119番に通報し救急隊が到着するまでの時間を知っていますか?

救急出動要請から救急隊が到着するまでに要する時間は平均8.6分だと言われています。

この間に応急手当を適切に実施する事が、
突然心肺停止した方の救命率を大きく上げます。

心肺停止の患者さんがいて、AEDや胸骨圧迫を行わなかった場合、
蘇生率は1分間に7~10%と下がるそうです。

救急隊の到着する時間を考えると、
心肺蘇生法を何も行わなかった場合、
助かる確率がほぼない事を改めて知りました。

また一次救命処置としてAEDを使用する前に胸骨圧迫を行うのですが、
胸骨圧迫を行うと蘇生率は約2倍に上がるそうです。

そして胸骨圧迫とAEDを使用した場合、
蘇生率は約4倍に上がるそうです。

蘇生率の上がり方を見ても119番に通報し胸骨圧迫とAEDを使用する事が
心肺停止になった方を助かるために非常に重要だという事が分かります。

リハトレ専科西戸山公園で万が一があった場合、
焦らず素早く対応できるようにAEDの使い方を
定期的に確認する事はとても大切だと改めて感じました。

今では様々な場所や施設でAEDが設置されています。
いつ救急患者が目の前に現れるか分かりません。
万が一に備えAEDの使い方を再確認する事はとても大切かもしれません。